吉田聡司法書士事務所、債務整理、相続、渉外不動産登記

建設業許可

建設業許可申請

建設業許可申請とは建設業を営もうとする者は個人、法人、元請、下請に関係なく建設業法第3条の規定により、全て許可が必要となります。
ただし、少額な工事のみ請け負う者は、許可が必要ありません。

建設業許可が不要な少額な工事の具体例

建設業許可が不要な少額な工事の具体例
1件の工事請負金額が、1500万円未満(税込み)の工事
または、請負代金に関係なく、延べ面積が150㎡未満の木造住宅工事

建築一式工事以外の建設工事(etc.塗装工事、電気工事など)
1件の工事請負金額が、500万円未満(税込み)の工事

上記の請負金額は、1件あたりの工事請負金額を指しています。
例えば、電気工事屋さんで年間売上高が1億円でも、1件当たりの請負金額が、500万円未満(税込み)の工事の場合は建設業許可は必要ありません

建設業許可申請   建設業許可の4要件   建設業経営事項審査
建設業許可の変更・更新   
後志地区,羊蹄山麓,倶知安,ニセコの法律相談は吉田司法書士事務所へ

サービス&料金個別無料相談事務所概要
スタッフ紹介をご覧下さい

 

●渉外登記の雛型の販売を開始しました。ご利用くださいませ。