吉田聡司法書士事務所、債務整理、相続、渉外不動産登記

債務整理

過払い金返還請求

 
過払い金とは簡単に言えば債務者が貸金業者に返し過ぎたお金のことをいいます。
もう少し詳しく説明しますと、債務者が消費者金融等の貸金業者から利息制限法の利率を越える利息で借入れをしている場合に、利息制限法に引直計算をした結果算出される、本来であれば支払う義務のないお金のことをいいます

過払い金とは

過払い金とはこれまでにあなたが貸金業者に対して返済し過ぎたお金のことです
これまでの借入期間が5~7年間
におよび、借入金利が
20%を超えるという方は、高い確率で過払い金が発生している可能性があります。
この返済し過ぎた利息はあなたの元に全て取り戻すことができます!
ただし、いくつかの条件があります。

過払い金が発生していること

過払い金を出来る限り早く貸金業者に返却を請求する

借金問題解決のプロである当事務所のような司法書士に依頼する

 

1.過払い金が発生している

発生していないものは、過払い金を取り戻せません。 

2.過払い金を出来る限り早く貸金業者に返してもらうよう請求すること

現在、消費者金融のなかには、倒産の可能性がある会社が多く存在します。

また、これまでの契約を20%以下に見直して再契約する際に、過去あった過払い金について存在しないかのような契約書を結ぶことも発生しているのです。

このようなことが起こる前に、過払い金請求の行動を起こしておいた方が良いでしょう。

3.借金問題解決のプロである当事務所のような司法書士に依頼

経験の少ない事務所は、貸金業者に裁判まで持ち込まれることを敬遠し、安易に債権者と和解をしてしまう場合がある。

ご自分で交渉する場合は、おそらくこの部分においてかなり苦戦を強いられるかと思います。
 
現在借入をされていらっしゃる方は、
ご自分の金利を確認してみてください
20%を超えていれば、それは違法な金利で貸付けられていることになります


過払いの可能性が考えられるなら、今すぐご相談下さい。
素早い行動があなたのお金を取り返します。

過払い金請求の流れ

「過払い金請求の手順」を解説をいたします。
受任から過払金の返金受けるまでの平均期間は2~4ヶ月です
1. まず、当事務所にお電話でご相談ください。
その後、当事務所においでいただき、詳しくご相談ください。相談料は無料です。(初回のみ)
2. 契約後、その日のうちに債権者に受任通知書を発送します。通知が届けば、請求が止まります
3. 債権の調査:司法書士がこれまでの取引経過を取寄せます(1週間から1ヶ月)
4. 債務の確定:利息制限法に基づき、正しい借金の額を計算し直します(引き直し計算)
5. 引き直し計算後に過払い金が発生していることが判明すれば、債権者に請求・交渉します。
6. 交渉が成立すれば、過払い金の返還を受けます
交渉がまとまらない場合は、過払い金返還請求訴訟を起こします。
7. 和解がまとまれば、期日を定めて過払い金の返還を受けます。和解に至らなければ、 判決を待ちます。

こんな方が過払い金返還請求の対象です

一般的には5年以上取引があれば過払い金が発生している可能性があり、 7年以上であれば過払い金が発生している可能性が相当高いといえるでしょう。
しかし、過払い金が発生するかどうかはケースバイケースで一概に何年以上取引があれば必ず過払い金が発生するとはいえません。

【過払い金返還請求の手続の流れ】
(1)契約後その日のうちに債権者に受任通知書を発送通知が届けば、請求が止まります

(2)取引履歴の調査
司法書士がこれまでの取引経過を取寄せます

(3)債務の確定 : まず利息制限法に基づき、正しい借金の額を計算し直します(引き直し計算)

(4)引き直し計算により、過払い金が発生していれば、債権者に請求し、交渉します。

(5)交渉が成立すれば、過払い金の返還を受けます。交渉がまとまらない場合は、過払い金返還請求訴訟を起こします。

(6)和解がまとまれば、期日を定めて過払い金の返還を受けます。和解がまとまらなければ、判決を待ちます。

 ※業者によっては、取引当初からの明細を出してこなかったり、過払い金の返還に同意しない場合があります。 そのような時は、過払い金返還請求訴訟(正式には、不当利得返還請求訴訟)を起こし、裁判で争うことになります。

債務整理とは   過払い金返還請求   任意整理
個人民事再生   個人破産   量規制

後志地区,羊蹄山麓,倶知安,ニセコの法律相談は吉田司法書士事務所へ

サービス&料金個別無料相談事務所概要
スタッフ紹介をご覧下さい

 

●渉外登記の雛型の販売を開始しました。ご利用くださいませ。