吉田聡司法書士事務所、債務整理、相続、渉外不動産登記

債務整理

債務整理とは

 
債務整理とは、簡単に言えば、「法律によって借金を整理すること」なのですが、その方法に主に、自己破産、任意整理、個人民事再生の3つがあります。


過払い金とは

過払い金
とはこれまでにあなたが貸金業者に対して返済し過ぎたお金のことです

これまでの借入期間が5~7年間以上におよび、借入金利が20%を超えるという方は、高い確率で過払い金が発生している可能性があります。

この返済し過ぎた利息はあなたの元に全て取り戻すことができます!
ただし、いくつかの条件があります。

過払い金が発生していること

過払い金を出来る限り早く貸金業者に返却を請求する

借金問題解決のプロである当事務所のような司法書士に依頼する


1.過払い金が発生している
発生していないものは、過払い金を取り戻せません。 

2.過払い金を出来る限り早く貸金業者に返してもらうよう請求すること
現在、消費者金融のなかには、倒産の可能性がある会社が多く存在します。

また、これまでの契約を20%以下に見直して再契約する際に、過去あった過払い金について存在しないかのような契約書を結ぶことも発生しているのです。

このようなことが起こる前に、過払
い金請求の行動を起こしておいた方が良いでしょう。

3.借金問題解決のプロである当事務所のような司法書士に依頼
経験の少ない事務所は、貸金業者に裁判まで持ち込まれることを敬遠し、安易に債権者と和解をしてしまう場合がある。

ご自分で交渉する場合は、おそらくこの部分においてかなり苦戦を強いられるかと思います。

 
現在借入をされていらっしゃる方は、
ご自分の金利を確認してみてください
20%を超えていれば、それは違法な金利で貸付けられていることになります


過払いの可能性が考えられるなら、今すぐご相談下さい。
素早い行動があなたのお金を取り返します。
 



任意整理

任意整理は司法書士(簡裁代理権の認定を受けた司法書士のみ) あるいは弁護士に代理人となってもらって借金を減らし、無利息で返済する手続きです。

任意整理は整理したい借金だけを整理できます

例えばクレジットカードとサラ金から借り入れがあり、サラ金だけを任意整理するということが可能になります。
また、国家機関である裁判所を利用しない手続きですので国の記録として残ることもありませんし、誰にも知られずに手続を進めるのに最も適した手続です。 
 

個人民事再生

個人再生とは、マイホームなどの財産を残したまま、借金の一部を免除してもらえる制度です。(但し、住宅ローンは減額されません。)

裁判所の監督のもとに、債務の支払を停止したうえで、債務の一部免除や長期の弁済条件などを盛り込んだ再生計画に基づき返済していく制度です。 
個人の民事再生手続には、小規模個人再生と給与所得者等再生とがあります。

自己破産

原則、全て借金が免除される制度です。自己破産とは、経済的に破たんして、払わなければならない借金が払えなくなった状態 、つまり任意整理、民事再生といった自己破産以外の債務整理方法によっては借金解決の見込みがないという状態になってしまった人が自ら破産の申し立てをすることを言います。 

自己破産手続は、裁判所が中心となって、多額の借金を抱えた人の自宅などの全財産を、債権者全員に公平に分配すると同時に、自己破産者の借金を事実上ゼロ(いわゆるチャラ)にして、自己破産者に生活の再建・建て直しと、再出発(リスタート)の機会・チャンスを与えるという、国が法律で認めた救済手段です。

債務整理の3つの方法のメリット・デメリット

  自己破産  任意整理  個人民事再生
申立先 裁判所 業者と弁護士との交渉 裁判所
手続後の返済 返済なし 返済あり 返済あり
メリット ・借金が免除
される
・手続後の取得財産は自由に利用できる ・将来の利息がカットされる
・家が残せる
・手続が短期間で終了する
デメリット ・ブラックリストに載る
・官報に記載される
・一定期間の資格制限
・ブラックリストに載る
・借金返済のために毎月一定額のお金が必要
・ブラックリストに
載る
・官報に記載される
・特定債権者の除外が可能

債務整理とは   過払い金返還請求   任意整理
個人民事再生   個人破産   量規制

後志地区,羊蹄山麓,倶知安,ニセコの法律相談は吉田司法書士事務所へ

サービス&料金個別無料相談事務所概要
スタッフ紹介をご覧下さい

 

●渉外登記の雛型の販売を開始しました。ご利用くださいませ。